只今、生地を試作中です

特徴

口元にシルクの肌触りを!

生糸(28%)綿(72%)で織りました。



竹と生糸は、ともに多孔質構造。

夏季には水分を溜めて外気に拡散します。気化熱作用で肌側は温度が下がります。

冬季には空気を溜めて保温効果があります。


竹仮面は、肌ストレスゼロを目指して作りました。

サイズ展開は3サイズです。小学生も使用になれます。

竹仮面は新規に生地を開発します。もう少しお待ちください

 

絹仮面も、肌ストレスを考慮しました。八枚繻子織で肌側はシルクの肌触りです。

サイズ展開は2サイズです。

絹仮面(シルクマスク)

1インチの間にシルク266本、綿が220本(60双糸)打ち込んだ生地を、

当社で独自に加工を施した生地を使用しました。

織り方は足利産地に伝わる八枚繻子織でシルクが一番きれいにみえる織り方です。

そのシルク側を肌側にしました。シルクの優しさが肌に伝わります。

「肌を守るために、肌より少し弱くしました」

組成:タテ糸シルク100%、ヨコ糸綿100%、(縫い糸には綿糸を使用)

(注意:まれにシルクのタンパク質で肌荒れになる人がいます。すぐに使用を中止して医師に相談してください)

¥2,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1


絹マスクの販売を開始しました。竹マスクはもう少しお待ちください。お気軽にお問い合わせ下さい。